ポケットwifiは場所を問わない利便性

インターネット社会の中で必要不可欠なのがネット回線。なんといってもポケットwifiの特徴というものの中で、一番代表的なものとしては、その大きさゆえに、自分のカバンや小物入れ、衣服のポケットなどに電源を入れながら、そのまま使えるという大変便利なところが挙げられます。これは後でも詳しく触れますが、大きさなども、成人の方の手のひらなどに乗せられる程度の小さなサイズであり、それ故に持ち運びなども大変楽ですので、wifiスポットではない場所においては無くてはならない貴重なアイテムといえます。

こうした一見すると、大きさからして大変便利そうなLTE機器類の1つでもあるwifiルーターの本体といえますが、決して良いところばかりではありません。やはりその小ささのゆえに、事業者のオフィスや自宅などにある光回線などのホームゲートウェイなどと比べたりすると、そのwifiそのものの送信の強さなどは劣ります。

また、一定のデータ通信料を越えたりしてしまうと、その分の料金が発生をしたりして、支払い通信料金自体が高額になったりしてしまうような事態も考えられたりしますので、利用をしていく際には、中々油断が出来ないような面も少なくはありません。また、先程も話したように、大きさそのものが手のひらに収まる程の小ささですので、失くしたりしてしまうと大変面倒な事になります。そのため、管理面などにおいても、中々気が抜けない管理のやり方が必要なところもあるといえます。